セフレになりつつあるパート先の子2014.03.29. // fx

鈴木さん(パート先の正社員)に出会い系サイトであったセフレの2人との露出セックスを見られてから、居酒屋が最初で会社の倉庫でもセックスをするようになってしまいました。

昨日の土曜日、午前中に鈴木さんから電話がありました。

「桜井さんと会いたい」っていう事でした。

息子は部活だし、敦士(旦那)は家にいるけど、ダラダラ寝ています。

私のアソコもウズウズしてきたし、出かける事にしました。

私は一回電話を切った後に、セフレの博史に電話をして会社の子と一緒に会わないか?という話を振ってみました。

そしたら「いいよ。俺たちのプレイを見た子だろ?」って言ってきたので「そうだよ」って答えました。

アパートに連れておいでって事だったので、駅で鈴木さんと待ち合わせをして博史の話をしました。

そしたら「刺激的な日になりそうだね・・」ってちょっと不安そうだったけどOKでした。

博史が「初めまして。俺らのプレイ見ちゃったんだって?智子とのセックスどうだった?」っていきなり聞くんです。

鈴木さんは、私の顔を見て「言ったの?」って聞いてきました。

「ごめん。話しちゃった」って言うと、

鈴木さんは博史に「桜井さんエロ過ぎて・・。俺、彼女とのセックスじゃ物足りなくて。本当最高でした。」って言ってました。

昼間なのにビールを飲みながらいろんな話をしました。

鈴木さんは啓太って呼んでほしいって言うのでそう呼ぶ事にしました。

しばらく飲んで話してると、エッチな喘ぎ声が聞こえてきたんです。

啓太は、聞き耳を立てながら「喘ぎ声が聞こえませんか?隣の部屋から」

博史と私は「始めちゃったんだね。幸ちゃん」って二人で話し「終わったらこっちに呼ぼうかね」って話になりました。

私は啓太の股間を触りました。

啓太はビクッとして私を見ました。

「啓太のここ・・・もう固くなってるみたいだね」って言うと、

「そりゃそうだよ!こんな状況」って言って自分でベルトを外しチャックを下しおちんちんをだしてきました。

博史が「大きなちんぽだな」って言いながら先端から出ている透明の液を舐めました。

「・・・ンッ」って声をあげました。

博史は、その後啓太のおちんちんを奥まで口に含みました。

啓太は「男にしゃぶられてる」って言いながらすごく気持ちよさそうです。

啓太のこんなに大きな喘ぎ声を聞いたのは初めてです。

私は啓太にキスをしました。

啓太は激しく舌を絡めてきて私のおっぱいを揉んできます。

ずっとキスをしていたらいきなり啓太の体がブルってなったと思ったらイッちゃったみたいです。

博史は啓太の精液を全部飲んでいました。

啓太は「俺の飲んでくれたんですか?すごい・・・」ってびっくりのしっぱなしみたいです。

博史は「やっぱり若いな~、まだまだ小さくなる気配もないね。智子もしゃぶってあげたら?」って言うので「もちろん!」って言いながら口に含みました。

舌で裏筋を舐めたり、玉をしゃぶったり、口に竿を咥えて激しく口を動かしたりしていました。

「同じフェラなのに全然違う!!気持ちいい・・アッ、ハァァ、ンッ・・・桜井さんの顔すげーやらしい」って喘いでいます。

そしてまたドピュって私の口の中に精液がいっぱい出されました。

さっき出したばかりなのに量がいっぱいです。

私も飲み干しました。

啓太は「二人とも凄すぎです!!フェラでこんなに簡単にイカされるなんてなかった。しかも飲んじゃうなんて!」って言って口を、

私はキスでふさぎました。

まだ啓太の精液の味がしたままです。山形出会い系サイトでたくさん遊んでるだけあって啓太はそんな状態でのキスをしたことなかったみたいで、びっくりして口を離してました(笑)。

私は啓太の乳首をしゃぶり始めて、博史は啓太の足の指を舐めてあげています。

私は上から、博史は下から今度はおちんちんには一切触れず、体の性感帯を見つけてあげつつ丁寧に愛撫をしてあげました。

啓太は体全体が性感帯みたいでものすごく大きな喘ぎ声をあげています。もしかしたらフェラの時以上かも。

喘ぎ声が一層大きくなったと思ったら、精液が勢いよくビュビュっと出て啓太のお腹にかかりました。

「俺、ちんぽ刺激してないのに射精したの初めて・・・本当に2人ともエロい・・・」って少し恥ずかしそうでした。

でも!啓太のちんぽはまだ元気なんです。3回も出したのにフル勃起なんで博史が若いなーって感心してました。

その時博史の携帯が鳴りました。

「終わったんだ。いいよ、おいで」って博史は言いました。

彼氏がずっといない寂しさから、ネットでハプニングバーなどを調べていた頃のことです。2014.03.18. // 未分類

ハプニングバーのリンク先に千葉の出会い系掲示板があり、見てみました。

私が見たのは女性は完全無料の出会い系サイトで、出会い系と言っても、変体カテゴリではなく男性は、文章からしてとても優しそうな、普通の会社員風な人でした。

興味本位でメールを出してみると、数時間後にメールの返事があり、その日のうちに顔を合わせることにしました。

イケメン、とは言いがたいですが、全く悪くない男性で、男性も私を受け入れてくれたので、翌週ホテルで合うことにしました。

真っ昼間の新宿でホテルに入りました。ホテル代は男性持ちです。

行為に入ったとき、男性はゆっくりとセックスに入るのが好きらしく、触れるか触れないかくらいの感じで私の胸を舐めました。

指の使い方も丁寧で、激しく攻められることは一度もなく、常に波打つような緩やかさで攻めてきました。

じわじわと男性の人差し指と中指が入ってきて、探るように動かしてました。

少し物足りない感じもしましたが、悪くはなかったです。

一番気持ちよかったのはやっぱりクンニで、全体的にスローなプレイだったのが、これだけはスローでとても良かったと思いました。

確かめるように下から上へ、クリトリスをゆるゆる舐められた時は、いつも以上に声が出て恥ずかしかったです。

でもやっぱり見ず知らずの人とするのは、ちょっと気が引けたので、それ以降はそういう沖縄出会い系サイトは利用することもなくなりました。

お姉さんとの秘密の遊び2014.03.17. // 未分類

僕が小学校の4年生か5年生の頃の話です。10才か11才だったと思います。

僕はお父さんが勤める会社の社員寮に住んでいたのですが、同じ階に高校生のお姉さんがいました。

お姉さんは子供の僕から見てもとても可愛かったのを覚えています。

そのお姉さんは僕のことを大変可愛がってくれました。僕が小学校の2,3年の頃までは、お姉さんの家でお風呂に入れてもらったこともあります。

頭や体をきれいに洗ってくれました。お姉さんは大きなおっぱいをしていて、それはお母さんのものよりも大きかったです。

お姉さんはときどき、僕の家まで遊びに来ることもありました。夏休みなどにお母さんがいないお昼にはご飯を作ってくれました。

僕が苦手な算数の問題を教えてくれたこともありました。

そんな夏の日、やっぱり僕の家には誰もいなくてお姉さんと二人っきりでした。

なにかの拍子にお姉さんがこんなことを言いました。

【ショウゴ君、ジャンケン脱ぎっこ遊びをしようか】

お姉さんが言うには【ジャンケンに負けたら服を一枚ずつ脱いでいくんだよ】

僕とお姉さんはジャンケン脱ぎっこ遊びを始めました。勝ったり負けたりして、2人ともどんどん服を脱ぎ始めます。

けれど、夏のことだったので服はすぐになくなり、お姉さんも僕もすぐに裸になってしまいました。

久しぶりに見るお姉さんの裸でした。お姉さんのおっぱいはやっぱり大きくて、プルンとしていました。

そうしたらお姉さんが【今度はジャンケンもみもみ遊びだよ】

【もしもショウゴ君がじゃんけんに勝ったら、あたしのおっぱいをもみもみしていいよ。けど、あたしが勝ったらショウゴ君のチンチンをもむわよ】

お姉さんのおっぱいを見たことはあるけれど、触るのは初めてでした。じゃんけんに勝ってお姉さんのおっぱいをもみもみしたら、とても柔らかかったです。

おっぱいをもみもみしていると、お姉さんは【うふん、うふん】と笑っていました。

僕がじゃんけんに負けると、お姉さんは手を石ケンで濡らして僕のチンチンをしごいてくれました。

指を使ってチンチンの裏側ももんでくれるので、僕は気持ちよくなりました。チンチンがすぐに大きくなりました。
【気持ちいい?チンチン気持ちいい】とお姉さんは言いました。

その時まで僕はオナニーというものも知らなかったし、射精をしたこともありませんでしたが、お姉さんにチンチンをしごいてもらううちに我慢できなくなってびゅっと白い液を出しました。

その夏休み、お姉さんはそれからもいろいろな遊びを教えてくれました。

お姉さんのあそこに指を入れること。お姉さんのおっぱいを舐めること。お姉さんのおっぱいにチンチンを挟んで射精をすることなどです。

そうして、最後にはお姉さんのあそこにチンチンを入れてもらいました。

チンチンを動かしながら、お姉さんのおっぱいをもんでいると【ショウゴ、ショウゴ。いいよ。気持ちいいよ】とお姉さんも腰を動かしました。

それがセックスだという事を知ったのは、少し後のことです。僕は【遊び】だとばっかり思っていました。

今では僕も大校生になりました。お姉さんは結婚して社宅を出ましたが、今では完全無料出会い系サイトのセフレと家に来ると彼女が【やろうか】といって、いつも僕のチンチンを引っ張り出します。

昼休み・・・2014.03.16. // 未分類

最近会社の倉庫に監視カメラがついてしまったのでセックスが出来なくなりました。

出会い系サイトで出会った啓太と山崎君とのセックスすごく良かったのに・・・

啓太がお昼外に食べに行こうって言うのでついて行くと居酒屋でした。

ランチもやっているという事です。

個室に入り、定食を頼みました。

定食はすぐに運び込まれました。

店員がいなくなったところで、啓太が私のおまんこを靴を脱いだ足の指でグニグニしながら食べるんです。

私も1時間しか昼休みはないし早く食べなくちゃいけないのに、感じてきてなかなか食べられません。

啓太に「食べら・・れ・・ないよ・・・」って言う声がうわずっちゃいます。

啓太が「だって俺最近桜井さんにスゲー焦らされてるし!」ってちょっと怒って言われました。

「俺、めちゃくちゃセックスしたいのにスカイプセックスでオナニーなんだもん」って。

そうなんです。

最近啓太とスカイプでエッチな会話をしながらオナニーするのにハマってるんです。

啓太は10分位で食事を終わらせました。

そして私の後ろに座ってきておっぱいを揉んできます。

「久々~」って言いながら乳首をクリクリしてきます。

思わず私はアッって声を出しちゃいました。

啓太は「桜井さん、まだいっぱいごはん残ってるよ。早く食べないと昼休み終わっちゃうよ」って言ってきます。

私は「啓太のバカ。そんな事されたらムリだよ・・・」って言うと、「じゃあ腰あげて。俺、絶対今日はちんぽをおまんこに入れるって決めてきたんだから」って言うと、私をテーブルに手をつかせてスカートを捲りノーパンで丸見えのおまんこに勃起して大きくなったおちんちんを挿入してきました。

グチュグチュに濡れてるおまんこは簡単にちんぽを受け入れます。

私は声を我慢しながら、久々の関西出会い系好きの啓太の生のちんぽを受け入れて想像以上に感じました。

「時間ないからさっさと済ませるよ」って言いながら、激しく奥まで突きます。

あっという間に2人でイッちゃいました。

10分位ボーっとしてたけど、ごはんを速攻食べて職場に戻りました。

やっぱり、付き合うことは出来ない。。2014.03.15. // 未分類

とある資格試験を勉強している時の出来事です。

学校に自習室があって

その日は土曜日で、朝から私はそこで作業をしていました。

その人は。。

スーツを来て登場。

たまたま、私の目の前で、スーツを脱ぎ、Tシャツになり、出会い系サイトで出会った彼は彼の作業を始めました。

それで、その日以来、彼の存在を記憶してしまって。

それ以来、なるべく毎日自習室に通うようになり。

行くと大抵、彼もいて。

彼は彼の友人と話していたりするのを聞いてました。

そういう日々がすぎ。

これで、もうこの自習室にくることもなくなるなぁという日に

彼もいつものようにそこにいて。

勇気を振り絞って、連絡先を書いたメモを彼に渡して

よければ、連絡をください、と記しました。

数日後の夜に、彼から電話がありました。

同じ自習室は使っていたけれど

私の試験はその時点では終わっていたけれど

彼は、これからでした。

試験が終わったら、飲みにいこうと、言ってくれたので

試験が終わるまでは、メールを交わし。

試験が終わってから、飲みに行きました。

普通に居酒屋に行き、そのあとはバーで飲んで

更に、カラオケに行って、チューをして

もうどうせ帰れないね、と、

ラブホテルで、体を重ねました。

たぶん、それはその行為をした人にしか理解できないのだけれど

関東出会い系で知り合った彼は、相当に遊人でした。

結局、私は朝5時に彼を無理に起こして

家に帰り、着替えて、一睡もせずに会社に行きました。

片思いのままがよかったのかも?

そのまま、半年くらい、そういうデートという名の食事と

体を重ねることを繰り返し、

それは付き合っているわけでもなく、

前に進むこともなく、体だけでした。

すごく、カッコイイ人だったのだけどね。

たかがセフレ、されどセフレ2013.09.04. // fx

学生時代から彼女はいたが、それでもモテたい願望がずっとあった。
男ならそう思うやつも少なくはないだろう。

学生のときに知り合ったセフレとは、就職した後もセフレ関係にあった。ニューハーフ出会い系サイトで彼女を作ってはセフレとも会う。
おなじみのラブホで。
会社で合コンがあれば参加し、お持ち帰りももちろんある。
付き合いで風俗なんて頻繁だ。

そんな中でもそのセフレとはずっとつながっていた。
幾度となく関係を持った。
彼女はいつもへらへらしていて、馬鹿丸出し。
いつも言いなりなセックスを繰り広げていた。

今から来いと言えばすぐに来る。
舐めろと言われれば喜んで舐める。
もっと声出せと言えば、一層声を張り上げる。
全部飲めと言えば、残さず飲み干す。。。

ほんと馬鹿な女だな、とずっと思っていた。

だが気がつけば愛しくなっていた。
もちろん好みではないし、
そんなつもりは最初からなかったのにだ。

自分の言いなりになってくれるからだけではない。
いつの間にか彼女の存在が必然となったのだ。

長い間セフレ関係だったが、ついに彼女は恋人になった。
まぁ恋人になってからも、風俗は行ったし合コンもしたけど。
やっぱり遊びたい願望はなかなか消えないものだ。
他の女と飲み行ったりもしたが、勢いでヤルことは一切なくなった。
それくらい彼女の存在が大きくなっていたのだろう。

なにより長年セフレ関係を続けていたからか
全く気を遣わなくていい。
屁だって気にせずこき放題。
なんて楽なんだ。
おまけに顔も中の下。
美人だったら緊張もするし金もかかりそうで、何かと面倒。
美人は飽きるというし。
ほんとなんて楽なんだ。

そんな彼女にプロポーズ。
来年結婚します。
セフレから始まる恋愛はいかがでしょうか。

机を猫のハウスの代わりに2013.06.30. // fx

猫のハウスということではいろいろと気をもんでしまいますよね。猫をテラスで飼っているとはあまりおすすめもできない方法ですが・・。

しかし、今度学習机があきまして、それを猫たちの憩いの場所として使用してみたりしています。外用の猫のハウスを作られる方もいらっしゃいますが、費用がかさんでそれどころではありません。しかし、学習机ではベニア板のものが多く、雨にはとても弱いところがあります。

まあ、風も多少防げるというところなんでしょうが・・。そのへんを考慮してみると猫たちも暑さや寒さにもどうにか対応できるみたいですね。もちろん、家の中のコーナーにでも置いて工夫すると猫の居場所も確立して以外とエコな感じにもなります。出会った先生に教えてもらったのですが…。

100グッズのネットなどを組み合わせて、その上にマットなどを置くと猫のベッドやグルーミングルームに早変わり。消毒する場合でも猫たちを避難させてからビニールなどをかけて消毒してしまえます。また、温度への適応としては、マットの下にこたつなどに使う保温マットなどで調整できるみたいです。

米のパワーはすごいです2013.06.26. // fx

米のパワーはすごいです。今朝なんとなく元気が足りないと思っていたら、「お米のご飯を食べていなかった」からというものでした。パソコンを打つにも集中力が欠けてくるし、同じ作業が続きにくいということです。

また、ご飯にはお味噌汁が欠かせませんよね。それで、この頃はインスタントのお味噌汁が美味しいです。それで、漬物はおいしいものと苦手なものがありますが、この頃は子どもも好きなふりかけや塩昆布を買ってきてあります。知り合った方に勧められたものです。

とにかく、お米のご飯があればいろいろとおかずでも簡単にできるもので間に合ってしまいますの。
今朝はお米を食る前には、小麦粉でつくったパンケーキを4分の1ほど食べたのですが「お腹がすいている〜」という状態で食べたのではないのでその分量ですんでいます。だから集中力という点でもお米の方がよいのかもはしれないですね。

ただ、お米の食べ過ぎだけはよくないことはわかっています。お腹にたまりやすい感じがするので「腹持ちがいい」ということはありませんが、食べ過ぎると太りやすいということはあるようです。

新しい変化に対する対応について2013.06.23. // fx

私だけではないと思いますが、人間はとても保守的なところがあります。

たとえば、小さいことですが、自分がいつも利用しているウェブサイトがあるとします。毎日そのサイトを使っていると、あるときそのサイトのデザインが一新されていたりすることがあります。そうすると、新しいサイトのデザインがよほど自分の好みでない限り「前のサイトデザインのほうがよかった」と思うことが多いです。

そういった何かが変わった瞬間というのは、ストレスを受けやすい状況だと私は思っています。それは、前の使い慣れていたものからくらべれば、新しいものになったことに対しての対応力を求められるからです。出会ったデザイナーも言ってました。

そうすると、ついつい「前のほうがよかった」と言ってしまいがちですが、そこで文句を言っても仕方ありません。

それに経験則ですが、変わった瞬間というのは確かに戸惑うかもしれませんが、それを使い続けていればすぐ慣れるのもまた事実なのです。

ですので、新しい変化に対して私たちは柔軟に対応することがとても大事だと私は思っています。

一回体験したことは、二回目以降に楽になる事2013.06.19. // fx

なんでもかんでも、一回やっておくと、二回目が楽です。
逆に考えますと、一度も経験したことがないものは、とても大変です。

大人になると、色々な体験を積んできていますから、専門の仕事などに関して、すばらしいスピードで行うことも可能です。

しかし、子供のうちは、生まれてからあまり経験をつんでいなかったりするので、まだまだ勉強の期間です。
おかしな動きをしたり、人を傷つけるような話し方をしてしまったりするのも、全て一回やってみている勉強だと考えることができましょう。

このように考えてきますと、人生というものを一度体験できれば、二回目以降はずいぶん良い人生になるのではないでしょうか。楽になる気がします。知り合った先生の教えなのですが。

とはいっても、人生は長いことが多いですから、一度体験するというのも大変なことです。
また、宗教などでは、人生を終えたらまた生まれ変わって次の生涯が始まるということを説いているところもあるのではないかと思います。
しかし、そうであったとしても、私たちは前世の記憶など忘れていますから、簡単に役に立てることができません。

簡単にできてしまっては面白くないですから、前世の記憶が思い出せないまでも、先人が残した文書などで少しでも体験したつもりになって、良い人生にしていきたいです。